住宅業者を選ぶときに押さえておきたいポイント!

賃貸と一戸建てのメリット、デメリット

アパート、一戸建て一概にどちらが良いか判断するのはどちらにもメリットがあるのでなかなか難しいものがあります。
アパートのメリットは、住み替えが楽で、合わないと思ったらすぐに住む場所を変えることができることです。
デメリットとしては、住んでいる限り永久的に支払わなければならない家賃と、家を出るときに取られてしまうこともある部屋の修繕費です。

これに対して一戸建てのメリットは購入すれば、その家のことは自分で全て管理することが出来ることです。賃貸やアパートでは、画鋲を使うことをしずらかったり、内装の傷になることはあまりすることが出来なかったはずですが、これらが全て可能になります。
家賃のように、一生払わなければならない費用があるわけではなく、ローンを払い終われば、毎年払うのは税金くらいのものです。
メリットは多いのですが、実はデメリットも多いです。

悪徳に引っかからない業者選び

一番大きなデメリットは、修繕(リフォーム)を自分で依頼しなければならないことです。
リフォーム業者は多々いますが、飛び込みで営業にくるような業者に頼むのはやめておいた方が良いです。以前よりかは減りましたが、今尚悪徳業者は存在していて、悪徳業者は屋根に上がってワザと屋根を割り、屋根の張り替え工事や大規模工事にして利益を出そうとします。
そのような業者に引っかからないためには、一戸建てを購入する段階からそこの会社はどれ程のことをしてくれるのかをチェックしておきましょう。リフォームも請け負ってくれるのか、何かあったらすぐに来てくれるのか、この2つを押さえておくだけでも一戸建て購入の業者選びを絞ることができます。
これらを参考に業者選びは確実に行いましょう。